サービス

HOME | 温泉工事

Hot spring construction

温泉工事

温泉掘削工事

温泉を掘りたいなぁと思っていても、「工事に1億円ぐらいかかるらしいよ」とか、
「確実に温泉って出るものじゃないらしいよ」なんていう都市伝説的なこと、今でも思っている方、
いらっしゃるのではないですか?
でも実際、知らないことが多いからこそ、間違った情報がうわさになってしまうのだと思います。
福岡県久留米市内では、200mぐらいの深さで温泉が出た所もあるんですよ。
もちろん1億円もかかりません。
そして、温泉工事の豊富な実績がありますので、地質構造、また豊富なデータを基に、
温泉開発ができるようご提案いたしますので、おまかせください!

また温度、湯量、泉質などにより、適した温泉用ポンプの設置もご提案させていただきます。

しかし温泉工事には、まだまだ知っていてもらいたいことがたくさんあります。
温泉法という言葉耳にしたことがありますか?
いつでもすぐに温泉工事ができるわけではなく、自然保護法の目的により都道府県へ申請、
その後審議が行われ、許可が降り、工事をスタートすることができます。

では、温泉として利用できるまでには、どのような届け出が必要なのか?
実際に温泉として利用するまでに、どれくらいの期間がかかるのか?
ご依頼から完成までの詳しい内容はもちろん、豊富な実績を持った技術者が、丁寧にご説明
ご提案させていただきます。
温泉開発に興味のある方、温泉開発をお考えの方、ぜひお問い合せください。

 
 

温泉関連業務

温泉法が改正され、温泉再分析の義務化、可燃性ガスの安全対策の義務化が施行されました。
温泉分析の内容や温泉メタンガスの測定、その後の安全対策なども含めて、トータルで、
ご提案させていただきます。まずは、ご相談ください。

*詳細は、環境省ホームページに再分析と可燃性ガスの安全対策についてのパンフレットが
 掲載されておりますので、ご参照ください。

■温泉成分
温泉成分の定期的な分析(10年ごと)とその結果に基づく掲示内容の更新(30日以内)が
義務付けられました。 
温泉中分析:浴場などに掲示するための分析新規掘削時や10年ごとの再分析、ほか成分確認のための
検査として
温泉小分析:温泉に該当するか否かの簡易的検査

■可燃性ガス濃度測定
温泉法が改正され、温泉施設における安全対策が必要か否かを判断するために、温泉付随ガスの
メタン濃度の測定を行う事となっています。
現在利用している既存の温泉施設も含まれます。
 

 

温泉堀削工事-工事の流れ

①お問い合わせ
②事前調査
③役所へ届け出
④見積もり
⑤着工
⑥温泉井完成
⑦揚水試験
⑧泉質検査
⑨完成
 
 

温泉堀削工事-写真

全景

堀進中

孔内検層中

揚湯試験中

 
※1.工期は、井戸の大きさによって異なります。
※2.揚水試験とは、水量・水位を測定するものです。
  

ちょっと紹介-いづみ乃湯

露天風呂付家族風呂の
いづみの湯温泉工事完了。
 
泉質は単純硫黄温泉、
泉温は48度、湯量は450L/minで
温泉の泉質、湯量ともに大変よい温泉を
ご提供することができました。
 
家族湯いづみ乃湯の詳しい内容は、
こちらをご覧下さい。